ビションフリーゼ  marshmallowman マシュマロマン

What’s Bichon Frise

ビションフリーゼの魅力は、やはり純白の被毛、性格の良さなど、内面、外面にわたる犬種の持つ魅力でしよう。
“ヌイグルミのような”という形容詞がぴったりのビションフリーゼは、これから日本の中で、人気犬種として定着していくことでしよう。

ビションフリーゼの人気犬種としての登場の仕方は、他の犬種といささか異なった趣があります。

犬種それ自体は、新しいものではなく、むしろヨーロッパ最古の犬種といっていいほどの歴史を持つ犬種です。

地中海沿岸に分布していた犬種・ビションの末裔といわれ、出身地はカナリヤ諸島と考えられています。

現在のビションフリーゼのトリミングを考え出したのは、アメリカのトリマー兼ハンドラーだったサバラ氏とウオーターマン氏の二人。

彼らの考え出した、現在の化粧パフのようなトリミングで、一気に人気犬種に駆け上がりました。

ビションフリーゼの原産国はフランス及びベルギーとされています。

“ビション”とは愛くるしい又は、飾るという意味で、“フリーゼ”は巻き毛の意味。

つまるところ、“巻き毛で飾られた犬”という、見た目そのままのネーミングにすぎません。

まず、白という被毛の色でしょう。 日本人は白から清潔感などを感じとります。
その中に顔の表情を作る真っ黒な目、鼻、口が愛らしさを訴えかけてきますから、その可愛らしさはちよっと抗しきれません。

また、大きさも、大きくもなく、小さくもなく、日本の家庭にはうってつけの犬種ではないでしようか。
小さすぎると関節や骨に問題が起こることがありますし、大きな犬種は家庭事情が許しません。

邪魔にならず、気にも止まる犬種ということになります。もう一つ、陽気で快活な性格のよさです。

また、頭もいい犬種で、覚えやすく忘れにくいということがあります。

ショーマナーなど、展覧会の当日は、ほとんど復習の必要もありません。

もちろんこれだけではありませんが、ビションの魅力はこうした点に集約されるのではないでしようか。

ビションにとって、手入れは、生まれてから死ぬまでとても大切なことです。
生後7,8ヶ月までは毛玉にはなりにくいのですが、手入れのまねごとみたいなことは4,5ヶ月頃はじめてのトリミングをする頃から始ましよう。

最初は、スキンシップのつもりで、おとなしく手入れをさせることを教えます。

次に、テーブルの上でリラックス(横向き)した状態でお手入れをさせることを教えます。これがマスターできると、シャンプー時、手入れのとき短時間でしかもきれいに仕上がります。

今回はなぜ毛玉になるのか、その結果どうなるのか、そうしないためにはどうしたらいいか勉強しましよう。

●生後7,8ヶ月頃になりますと、アンダー・コート(ビションの特長であるふわっとした感じを出す大切な毛)が出てきます。
これが毛玉の原因をもたらします。  毎日ピンブラシで根本よりていねいにグルーミングしてください。もし毛玉があるようでしたら、コームでていねいにほぐしてください。この時、痛い思いをさせると、お手入れの嫌いな犬になり、後々、大変なことになってしまいます。

●被毛が伸びすぎても毛玉になりやすくなります。
根本までピンブラシがとどかないため、被毛の中ほどより上の部分は、一見してよく手入れされているように見えますが、根本は毛玉でギッシリ、被毛も最低1,2ヶ月に1度はカットする必要があります。

●被毛の汚れも毛玉の原因になります。(いくらていねいにグルーミングしても、すぐに巻いてきてしまいます)。

●手入れ用具の選択と、使用上の注意点。
スリッカーブラシで毎日のお手入れをします。ブラシの歯が短いため、根本までとどかず、毛玉になりやすいということと、スリッカーブラシを強く使いすぎたために、アンダーコートを切ってしまうことになります。

●ダニ、ノミ、皮膚トラブルの場合も毛玉になりますので、手入れの時にチエックをするとよいと思います

●シャンプー、タオル・ドライの時にも毛玉になります。
もちろんシャンプー前には毛玉がないかチエックをしてからシャンプーしますが、洗い方もセーターを洗うときのようにつまみ洗いをお勧めします。ドライもタオルで水分をおさえるように、ていねいにしてください。

最後に、決定的なことは、毛玉をつくらないことです。
慣れてくれば10分くらいでできます。ビションの被毛を維持管理することは、特別な技術は必要ありません。根気よく、めんどうがらず、ていねいに行ってください。一般のオーナーとプロのトリマーの違いはこんなところにあると思います。今日からがんばってトライしてください。

あなたのビションも、見違えるようなビションに生まれ変わりますヨ。

This site is using the Seo Wizard plugin developed by http://seo.uk.net